navi-top-1

100万PVそれっておいしいの?

Pocket

個人ブログをやってる方達にとって、月間100万ページビューは成功の証となる1つの区切り、一家を支える事が出来る経済力となる数字と、その筋では認識されている様ですが、間違いないんでしょうかね?
確かに月間100万ページビューと言う数字だけで見ると、1日平均に3万3千ページ(記事)以上が読まれる訳ですから大変なもので、そう簡単に達成出来るものではありません。

さて本題です。それ(月間100万ページビュー)っておいしいかどうかって事ですが、この数字まで登りつめたブログ主はそれに見合った苦労もしてる訳ですし、現在進行形でやってる本人は、ページビューの数字は気にするけど、それが美味しいとか不味いとかは、どうでも良い事と思っているのでは無いでしょうか。

恐らくページビューより気になるのは、素直に日々の収入(アドセンス等からの)や、どの様な記事が人気であったか、そしてユニークユーザー数かと思われます。ページビューの多いほぼ完成されたサイトでは、ほんの少しのサイトの変更や取り上げる記事、新しい試みが、収入に反映されます。ブログで生計を建てている人にとっては死活問題ですから。こうなると話は「おいしい」とかは別の次元でしょう。

僕が思う月間100万ページビューのおいしさはどの辺にあるかと言うと、そこまで成長したサイトに集う『ユニークユーザー数とリピーター』だと思っていますけど、どうでしょう?
つまりブログの読者数、ファンの方々です。こればかりはブログを炎上(サイトを認知させるストラテジーにはなるでしょうが……)させてページビューが一時的に増える事では得られない、安定した優良な読者の方達であって、サイトの一番の財産なのです。そしてもし、あなたが新たな事業なり活動を起こそうと考えた時に、数万人のファンの方々が、ブログ主の見方になってくれるかもしれません。
これこそが強みであり、おいしさではないかと思います。

「コンテンツマーケティング」といった手法がありますが、多くの読者を獲得したサイトでは、コンテンツマーケティングの一番重要な部分が既に構築されています。どのくらいの規模のマーケティングを狙うかによりますがユーザー数に見合った商売を、少ないリスクで始める事が可能になりますから、これはおいしいです。
まあ、商売にはセンスも必要ですから、また別のスキルも必要でしょうけど……。

そう考えると、100万ページビュー云々と言う事よりも、何万人ものファンの人達に支えられて成り立っているサイト/ブログを持っている人は羨ましいですねー。正にダイヤモンドの原石を手に入れた様なものですから。

サイト/ブログをお金儲けの道具としてだけでは無く、読者の皆様に支えられ、個人/自身が築き上げた貴重な財産と考え、これを意識しながら大切にブログを運営する事が重要だと思います。

Comments are closed.